Twitter

  • Twitterのつぶやき
無料ブログはココログ

2016年4月25日 (月)

Ubuntu 16.04 LTS公開!

 Ubuntuの長期サポートバージョン Ubuntu 16.04 LTS  が公開されましたね。

 実はUbuntuは触ったことないのですが、これを機会にインストールしてみたいと思います。

Linuxの基本的なソフトをインストール

 とりあえず、必要となりそうなツールを入れていました。
 みんな簡単にインストールできました。

[root@centos ~]# yum install usbutils

[root@centos ~]# yum install pciutils
[root@centos ~]# yum install bzip2
 前の記事のmicrocodeのコピーもbzip2を入れたので解凍できました。
[root@centos ~]# bunzip2 amd-ucode-latest.tar.bz2
[root@centos ~]# tar xvf amd-ucode-latest.tar
amd-ucode/
amd-ucode/microcode_amd.bin.asc
amd-ucode/microcode_amd.bin
amd-ucode/microcode_amd_fam16h.bin
amd-ucode/microcode_amd_fam16h.bin.asc
amd-ucode/microcode_amd_fam15h.bin
amd-ucode/microcode_amd_fam15h.bin.asc
[root@centos ~]# cd amd-ucode
[root@centos amd-ucode]# mkdir /lib/firmware/amd-ucode
[root@centos amd-ucode]# cp *.bin /lib/firmware/amd-ucode/
 こんな感じ。
 そして、時刻同期でNTPを入れようかなと思ったら、CentOS7ではChronyというソフトがメジャーだそうで・・・知らなかった。
 次はChronyを入れてみます。

2016年4月21日 (木)

CentOS7のログにsystemd: Starting Session xxxx of user root.」が大量出力

 とりあえず、CentOS7のログを眺めんてます。
 よく見ると、10分ごとにこんなメッセージを出力してました。
Mar 28 21:01:01 centos systemd: Created slice user-0.slice.
Mar 28 21:01:01 centos systemd: Starting user-0.slice.
Mar 28 21:01:01 centos systemd: Started Session 245 of user root.
Mar 28 21:01:01 centos systemd: Starting Session 245 of user root.
Mar 28 21:01:01 centos systemd: Removed slice user-0.slice.
Mar 28 21:01:01 centos systemd: Stopping user-0.slice.
 googleさんで調べてみると、どうも、cronが動いたときに書き出されるinfoレベルのログらしい。
 というわけで、以下の設定ファイルを書き換え。
 vi /etc/systemd/system.confで
 LogLevel=notice
 を追加。再起動して、とりあえず様子をみたらmessagesのサイズが半分以下になりました!
 ちょこちょこパッケージのインストールも始めましたが、それは次の機会に・・・
 録画サーバー・・・できるのか?bearing

2016年4月13日 (水)

やっぱり、レンタルサーバーにしたい!

 このブログを始める前にレンタルサーバーでブログを立てたんですけど、入金手続きが漏れてブログがなくなっちゃって、結局無料ココログにしたんですけど、やっぱりレンタルサーバーのほうがいいですね。
 たぶんまた移行します(^^;
 それまでは駄文ブログになるかもです。

Ubuntu の日本語版

 表題のとおりなんですが、Ubuntuに日本語版があるんですね。
 全く知りませんでした。

 このページによると、16.04 LTSのリリース日が4月21日(予定)って書いてありました!

 日本語化も数週間程度でリリースされているようなので、リリースされたら試しに入れてみたいと思います。

 それにしても、正式名称はUbuntu LinuxじゃなくてUbuntuだけでいいのかな?

2016年4月12日 (火)

ココログ・・・

 うーん、ココログが使いにくい。
 WordPressは難しかったけど、もっときれいに表示されたよなぁ・・・

 いまは、タグを直書きしているし、やっぱりWordPressにしようかなぁ・・・

CentOS7、いきなりエラーを出す。

 CentOS7をインストールしたはいいのですが、起動時にいきなりエラーが出てしまいました。。゜゜(´□`。)°゜。

[root@centos amd-ucode]# dmesg | grep fail
[    0.159303] ACPI: \_PR_.P003: failed to get CPU physical ID.
[    0.159307] ACPI: \_PR_.P004: failed to get CPU physical ID.
[    0.159310] ACPI: \_PR_.P005: failed to get CPU physical ID.
[    0.159313] ACPI: \_PR_.P006: failed to get CPU physical ID.
[    5.210645] microcode: failed to load file amd-ucode/microcode_amd.bin

 なんかCPUのIDが拾えない?
 確かに、CPUの情報がおかしいんですよね・・・

[root@centos amd-ucode]# mkdir /cat /proc/cpuinfo

processor : 0
vendor_id : AuthenticAMD
cpu family : 16
model : 6
model name : AMD Athlon(tm) II X2 240e Processor
stepping : 2
microcode : 0x10000c7
cpu MHz : 800.000
cache size : 1024 KB
physical id : 0
siblings : 2
core id : 0
cpu cores : 2
apicid : 0
initial apicid : 0
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 5
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt pdpe1gb rdtscp lm 3dnowext 3dnow constant_tsc rep_good nopl nonstop_tsc extd_apicid pni monitor cx16 popcnt lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy abm sse4a misalignsse 3dnowprefetch osvw ibs skinit wdt hw_pstate npt lbrv svm_lock nrip_save
bogomips : 5599.73
TLB size : 1024 4K pages
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 48 bits physical, 48 bits virtual
power management: ts ttp tm stc 100mhzsteps hwpstate
processor : 1
vendor_id : AuthenticAMD
cpu family : 16
model : 6
model name : AMD Athlon(tm) II X2 240e Processor
stepping : 2
microcode : 0x10000c7
cpu MHz : 800.000
cache size : 1024 KB
physical id : 0
siblings : 2
core id : 1
cpu cores : 2
apicid : 1
initial apicid : 1
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 5
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt pdpe1gb rdtscp lm 3dnowext 3dnow constant_tsc rep_good nopl nonstop_tsc extd_apicid pni monitor cx16 popcnt lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy abm sse4a misalignsse 3dnowprefetch osvw ibs skinit wdt hw_pstate npt lbrv svm_lock nrip_save
bogomips : 5599.73
TLB size : 1024 4K pages
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 48 bits physical, 48 bits virtual
power management: ts ttp tm stc 100mhzsteps hwpstate

 このCPU、本当は2.8GHzなのに・・・
 あと、microcodeが読めないというエラーが・・・
 これはコンソールにも一瞬出てきてました。

 ネットで調べると、AMDのCPUのマイクロコードが公開されていました。

 CPU Familyは16ってでてるので、おそらく16hのmicrocodeを入れればいいと思うのですが、とりあえずbinファイルを全部/lib/firmware/amd-ucodeに入れたら、microcodeのエラーは消えました。

【やったこと】

1.上記サイトからマイクロコードをダウンロード。
[root@centos ~]# ls
amd-ucode-latest.tar.bz2  anaconda-ks.cfg

2.解凍できなかったので、解凍ツールをインストール。
[root@centos ~]# yum install bzip2

3.解凍
[root@centos ~]# bunzip2 amd-ucode-latest.tar.bz2
[root@centos ~]# tar xvf amd-ucode-latest.tar
amd-ucode/
amd-ucode/microcode_amd.bin.asc
amd-ucode/microcode_amd.bin
amd-ucode/microcode_amd_fam16h.bin
amd-ucode/microcode_amd_fam16h.bin.asc
amd-ucode/microcode_amd_fam15h.bin
amd-ucode/microcode_amd_fam15h.bin.asc

4.*.binファイルを/lib/firmware/microcodeにコピー。
[root@centos ~]# cd amd-ucode
[root@centos amd-ucode]# mkdir /lib/firmware/amd-ucode
[root@centos amd-ucode]# cp *.bin /lib/firmware/amd-ucode/

microcodeのエラーは発生しなくなりましたが、「failed to get CPU physical ID.」は直らず。
failed to get CPU physical ID.も直したいなぁ・・・

【私のスマホ紹介2】HTC J Butterfly HTL23

20160331_212756

 私が使っているもう一つのスマホ、HTC J Butterfly HTL23です。
 もともとはauユーザーだったのですが、自宅がauの電波状況が悪く、MVNOに移行した経緯があります。
 ちなみに初めてのAndroidがHTC Desireだったり、EMOBILEのEMONSTER(HTC Kaiser)を使っていたのもあって、HTC好きなんですよね。
 サポートしているバンドは以下。

 ・FDD-LTE 2100(B1)/800(B18) MHz
 ・TD-LTE 2500(B41)
 ・CDMA2000 2100(BC6)/800(BC0) MHz
 キャリアはMVNOのmineo auデュアルプラン。
 本当はサブ端末だったのですが、画面が広いこともあり、もっぱらウェブ閲覧や動画を見たりとサブ端末以上の扱いをしています。
 2GB RAMに32GB ROMということで、アプリもたくさん入れられて、ほんと自宅の電波環境さえ良ければこれ1台でいいんじゃないかと思うくらいですね(^^;

2016年4月11日 (月)

CentOS7デビュー♪

20160326_2241051_2
 もう一つ新しいことを始めまして、CentOS7を使って録画用PCを作ろうと決意しました。
 理由はなんてことなくて、元々録画用のPCがあって、WindowsXPを使っていたのですが、いつのまにか録画ができなくなっていて、もうサポートも切れているし、直すんだったらOSからということと、ハードウェアスペックも低いのでOSをLinuxにしようと決めました。
 ちなみにHWスペックは以下です。

 CPU AMD Athlon(tm) II X2 240e
 Memory 4GB
 SSD 128GB
 ビデオキャプチャカード PT2
 カードリーダー NTT-ME SCR3310

 CPUは5年以上前のモデルですね・・・
 マザーボードは880GMA-E45というモデルで、DDR3、SATA3.0、USB3.0と今でも現役の規格なので、なかなか侮れないです。
 で、ディストリビューションは何にしようかとおもったのですが、ちょうどUbuntuが今月LTSが出る予定らしいので、待ってられないのでCentOS7に決定(^-^;

 余っているSSDをシステムディスクにして、Minimal ISO 版をダウンロードしてインストール開始。言語の設定と、パーティションの設定、ネットワークの設定に、ユーザーとパスワードの設定でインストールは終了。
 これから、録画サーバーに組み上げていきたいと思います。

 この後、Systemdって何?え、firewalld?時刻同期はNTPじゃないの?といろいろなことがあったので、記録としてこのブログに残していきたいと思っております。

【私のスマホ紹介1】SONY Xperia Z3 compact D5833

20160330_2208501

 3日坊主にならように頑張りますといいながら、一か月放置してしまいました・・・すみません。

 このブログでは、自分が使っているスマホの紹介ブログにしたいなぁと思っています。
 第1回として、メインで使っているスマホ、Xperia Z3 compact D5833 を紹介します。
 ドコモではSO-02Gとして販売されていましたが、そのグローバル版になります。
 サポートされているバンドが違ってまして、D5833は以下のバンドをサポートしています。

FDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/1900(B2)/1800(B3)/900(B8)/850(B5)/700(B28) MHz,
TD-LTE 2300(B40) MHz
W-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V) MHz
GSM 1900/1800/900/850 MHz
(太字がDocomoが使っているバンド)

 MVNOのNifmoのSIM(docomo)を使っています。
 音声通話、LTEともにつながりますが、W-CDMAのバンドVI(FOMAプラス)、LTEのバンド19(プラチナバンド)にはサポートしていませんので、都市部なら大丈夫ですが、山間地なんかだとつながらないかもしれません。
 というわけで、一般の方にはあまりおススメはできませんが、SO-02Gと比べて、

 ・テザリング可能。
 ・Docomoのアプリがプリインストールされていない。
 ・OSのアップデートがキャリア版と比べて早くリリースされる。

といったメリットがあります。

 システムメモリの容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GBなので、大きなアプリを入れると容量が足りなくなりますね。結構厳しいです。
 なので、ちょっと乗り換えを検討中なスマホでもあります。

«ブログ始めます!